モチベーションが上がる環境作り~組織サーベイで仕事の効率化~

Kourituka.JOB

組織サーベイを専門業者に依頼した場合と自社で実施した場合の比較

自社に組織サーベイのノウハウがないと難しい

どの会社も組織サーベイを行ったことがなければどのように行うかは手探りになります。自社で最初から行えばある程度苦労することでノウハウになることもありますが、そこまで行くまでに時間と手間がかかることがあります。

専門業者に組織サーベイを依頼すれば効率的に数値化される

組織サーベイを専門業者やコンサルタントに依頼すると一定のノウハウを持っているので、効率的に数値化して問題を掲出してくれます。ただし組織サーベイを何度も繰り返して、身に付くまでは他人任せになる場合もあります。

一緒に読みたいコンテンツ

女性

働きやすさを考慮して病院内保育の設置をしよう

病院内保育の開設をするときは病院内運営または専門業者依頼のどちらがよいか比較しています。また24時間365日対応できるか、病院内保育による従業員不足を解消、専門業者に依頼するメリットなどをご紹介します。

READ MORE
パソコン

モチベーションマネジメントの資格をゲット

公認モチベーションマネージャーの資格の取得方法やどんな人に向いているか、資格習得のための3つのコース設定や職場・現場での知識の生かし方、セミナーなどの開催についても触れています。

READ MORE

組織サーベイを利用する目的4つ

目的1 企業と個人の関係性の深さを探る

その企業で働いている従業員がどの程度の愛社精神や仕事に対するモチベーションをもっているかを端的に示す指標になります。この従業員のモチベーションを知ることで企業の将来の利益にかなり影響を与えることがわかっています。組織サーベイは企業と従業員の関係性を明確にします。

目的2 サーベイの結果の改善により生産性をアップする

組織サーベイを利用すると、当初戸惑っていた現場マネージャーもアクションプランの設定や事項、改善などの意識が徐々に高まります。継続的に改善活動を行うことで、マネージャークラスから従業員との関係性・生産性が向上します。その結果経営者も経営指標に組織サーベイ結果を取り入れるようになります。

目的3 適切なフィードバックをすることで行動を継続させる

組織サーベイには心理学の行動分析学も関係しています。それは適切な改善を継続させるには、行動結果に対するフィードバックがあり、それによって行動を起こすきっかけとなることです。周囲からのフィードバックは行動を継続させます。結果を伴わないのは適切なフィードバックがなされていないからです。

目的4 組織サーベイを繰り返すことがモチベーションを生む

短いスパンで組織サーベイを行う企業や組織は、モチベーション維持の概念・改善も浸透していきます。よい人材を獲得する、人材を育成するためには、行動の結果に対して適切なフィードバックと組織サーベイを繰り返すことで当事者意識を維持します。欧米では組織サーベイの頻度が高いので、企業と従業員の関係性を数値化することが浸透しています。

[PR]組織サーベイを導入しよう
サービス内容を要チェック!

組織サーベイの導入で社員のモチベーションを上げよう

女の人

組織の課題を明確にするには

組織の課題を明確にするには組織サーベイを上手に活用していくことが重要です。これによって社員の満足度や活性度がわかり、マネジメントの品質のチェックにもなります。また従来わかりにくかった職場環境のチェックや離職率上昇の理由など、組織改善の有効性検証に組織サーベイは有効です。またマネジメントの課題が解決すれば人材育成風土の醸成にも役立ち、形骸化していたコンプライアンス風土のチェックにもなります。また人事部においては今後の人事制度や運用が有効性の有無があるかどうかの判断の指標にもなります。組織の課題解決や問題点を明確にするのが組織サーベイのメリットです。組織の改題は従業員だけでなく経営者自体にも問題がある場合があります。それらを解決するのもこのような手法で客観的に判断することが可能になります。

コンサルタントに組織サーベイの分析を依頼しよう

経営者が経営戦略や経営を確実に実行して達成させるためには、従業員が持つ能力をアップさせて高いモチベーションを維持させる必要があります。しかしモチベーションという目に見えない指標を把握するのは慣れていない一般企業の方が実践するのは非常に難しいことです。社員のモチベーションの状態を探る、色々な角度から総合的に想定した数字を出していくのはプロのコンサルタントに依頼するのが近道です。プロフェッショナルなら組織サーベイによって、社員のモチベーションに影響を与えている要素が何かを定量的に把握することが可能です。また特定のテーマ、会社ごとの組織的傾向やフィードバックなど、ニーズに合わせた設問設計や分析を行ってくれます。

広告募集中