働きやすさを考慮して病院内保育の設置をしよう

病院内保育で人手不足を解消しよう~子育て世代の人手を確保できる~

Kourituka.JOB

病院内保育の開設は専門業者に依頼?それとも自社で?メリットを比較

少ない人数なら病院内保育園は自社で開設するほうがメリットはある

例えば看護師や医師といった職員の中でも、保育対象となるお子さんが増えない・あまりいない場合は小規模の病院内保育園を自社で開設したほうが割安な場合があります。預かるお子さんの人数に変化がなく、今後も増えない可能性があるなら依託しないほうが得です。

時期によって預かる人数の上限がある、数が増えてきた場合は外部委託がよい

中堅や大手規模の病院になると、時期によって預かるお子さんの人数に変動があることもあります。また数が増えて病院内管理では収まらないと想定した時に開設は専門業者に依頼したほうが圧倒的にメリットになります。補助金などの助成も最初から視野に入れて行ってくれます。

24時間365日対応できるかがポイント

病院内保育は職員のための保育所です。職員とは看護師や医師といった方で、例えば病院によっては24時間交代であることもあり、勤務が交代制であっても365日対応しなければ意味がないところもあります。24時間365日対応できるかどうかがポイントになります。

働きやすさを考慮して病院内保育の設置をしよう

女性

病院内保育で従業員不足を解消

病院内保育が始まったのは、職員である看護師や医師のお子さんを安心して預けられる保育所がないというのが最初の理由でした。それは看護師なら24時間勤務や夜勤といった不規則な就業形態があり、それにあわせて預けられる保育所が無かったからです。病院内保育所を設置すれば、従業員も安心して子どもを預けながら働くことが可能です。結果的に従業員不足解決につながります。

専門業者なら実績も豊富

病院内保育を病院自ら運営しているケースもありますが、最近ではデメリットを感じて外部の専門業者に丸ごと委託するケースも増えてきました。それは保育士の募集や育成、効率的な字残材配置、保育のノウハウなどが揃っているだけでなく、施設開設から運営・補助金申請まであらゆる実績があるからです。専門業者に依頼することは無理に院内で保育所を運営する必要もなく、効率的に管理することが可能になります。

広告募集中